自転車による事故

交通事故いえば、車同士の衝突や歩行者と車が絡む事故を連想されますが、最近多いのが自転車事故です。
最近は全体の2割を占める高い水準になっています。
そして、時には死亡事故に至る事もあり、たいへんな問題になっています。

自転車による死亡事故というと、そんなに考えられるものではないようですが、自転車同士が衝突をし、そのまま転倒してコンクリートに頭を打ち付ける、歩行者に後ろが衝突させて、そのまま死亡してしまうなど、悲惨な事故が増えています。
死亡に至らないケースでも自動車との衝突が多く、出合い頭時、右左折時に絡まれるといったことでの交通事故は多いです。
トラック等に巻き込まれる事もあります。

現在、自転車は軽車両扱いとして、交通法も規制され始めていますが、死亡事故を含む交通事故の件数は減っていません。
車両ということでいえば、車道を走る機会も多くなっていて、そうした環境でありながら、運転しているものは歩行者のような感じで行動するなど、危険に対する意識の低さ等も交通事故を招く原因になっています。

こうした規制以前から、自転車は危険な乗り物として言われてきた一方、子供でも自由に操れる乗り物として、規制の範囲は広く、危険なであることを周知したとしても自覚の面でなかなか追いつかないのが現状です。
これからも自転車は危険であることは、広く啓蒙していくことで、悲惨な事故の減少を心がけたいところですが、何よりも運転者本人が危険な乗り物であることを認識することが第一です。


[管理人特選サイト]
自転車による交通事故の慰謝料にも対応している弁護士事務所のサイトです ... 交通事故の慰謝料